口臭をいい匂いにする方法がある!口の臭いを男性でも簡単に解消

口臭をいい匂いにする方法!口の臭いを簡単に消せるタブレット

口臭をいい匂いにする方法がある 
口をいい匂いにする方法についてです。
 
口臭をすぐにエチケットしたい時があると思います。例えば大事な人と会う時や、大事な商談などです。

 

自宅に帰れば、ハミガキなどをして対策が出来ますが、そのためだけに自宅に帰るのは大変な事です。

 

特にお仕事をしている人にとっては、ハミガキセットを持ち運んでトイレや流し台でハミガキをしている光景を見ると異様な感じもすると思います。

 

昼食などをした時の口臭は特に気になるところだと思いますが「簡単に素早くエチケットしたい」と言う声に答える物があります。

 

その方法がタブレットなのですが、フリスクのようなただのタブレットではありません。

 

その他にも口をいい匂いにする方法がありますけど、今回はそれもご紹介しますが、口臭の豆知識みたいなものを知って、よりエチケットに役立てて下さい。

 

口臭をいい匂いにするには口の中にいる菌を減らすこと!

口臭をいい匂いにさせるには臭気ガスを減らす 
口臭をいい匂いにさせるには、口の中にいる細菌を減らすことが最もな方法、ポイントになってきます。

 

口内の口臭はなぜ発生するのかと言うと、口の中の菌がだす臭気ガスによるものです。

 

食後などは特にそうですが、この臭いだす菌が繁殖するために悪臭がでる事になります。

 

普段から口内から口臭が出ている人も、この菌による仕業がほとんどです。

 

口の中には、よくハミガキをする人でも約2000億個の菌を保有しています。よくハミガキする人は朝、昼、晩とハミガキする人を指しています。

 

そのよくハミガキする人でも口の中には約2000億個という、とてつもない数になります。

 

普通に手入れをしている人で約5000億個で、あまりしない人では1兆個とか途方もない数になります。

 

このように菌が口の中で増えていく事によって口内の口臭が強くなっていきます。

 

朝と夜は自宅いいるのでハミガキなどができますが、会社勤めや外で昼食をした後が口臭が1番発生しやすくなります。
食後に菌が増えて口臭が悪化している 

 

食べ物によって口内の菌が栄養を得るために行動が活発になるためです。

 

時間がたつほど、口内の状況は悪化する事になりますので、夕方には口の中が嫌な感じになる時があります。

 

口腔内には300種類以上の細菌がいて、数にする最低でも2000億個ぐらいといいましたが、どんなに頑張って口のケアをしても、そのくらいの数の最低でも口の中にいることになります。

 

細菌は水分、栄養、適度な湿度などがあることで、その細菌にもよりますが、約30分で1つ増えるような状態です。

 

単純計算になりますが、2000億いる細菌が30分くらいで4000億ぐらいになる計算になります。

 

1時間で8000億ということです。

 

何もしなければ永久に増えていくことになりますが、口をいい匂いにさせるには、その細菌を減らすことが一つのポイントということです。

 

ただし口腔内にいるすべての細菌がイヤな臭いを発生させているわけでもありません。

 

中にには良い影響を与える細菌でもある善玉菌という細菌もいます。

 

悪臭の原因になるのは、悪玉菌という細菌になりますが、その細菌が口の中で増えることでイヤな臭いになってきます。

 

そしてイヤな臭いの原因になっているのが口内の菌が臭気ガスとネバネバした物質を分泌させているためです。

 

臭気ガスというのは、細菌が活発になるときに排泄するガスのことで、分かりやすくすると、細菌の尿や便ということになりますが、それが菌が活発になることで多くなるために悪臭が多くなります。

 

そしてネバネバした物質というのは、バイオフィルムと呼ばれるもので、いわゆる細菌が増えていくためのバリアということになりますが、そのバリアがあるので、多くの細菌がその中で繁殖していくために、これも臭いの原因になってきます。

 

そのバイオフィルムというのは、簡単に落ちるようなものではないので、そのためハブラシだけでは簡単に落ちない物に変化していきます。

 

歯垢や歯石という言葉を一度は聞いたことがあると思いますが、それがバイオフィルムというもので、歯の歯の隙間に何か白いものを見たことある人は多いと思います。

 

これは歯の隙間などに付着する歯周病菌になりますが、それが菌膜と呼ばれるバイオフィルムで、そのな中に多くの細菌がいることになります。

 

口の中にいる細菌が基本的にそのようなものを分泌させているということです。

 

そしてそのような歯周病菌以外にもたくさんの種類の細菌がいることになりますが、口内で菌の数が多い場所は舌になります。

 

その舌でも最も多く菌がいるのは舌の奥になります。

 

指を舌についけて奥にいくほど吐き気を感じるようになりますが、そのさらに奥に口臭の原因となる菌が多く付着しています。

 

理由は菌を洗い流す唾液が1番届かない場所だからです。

 

その舌以外にも口の中の粘膜や、口腔内全体にそのような細菌が広がっていることになります。

 

口臭をなくすために、またはいい匂いにさえるためには、その細菌を減らすことが一番のコツということになってきます。

 

まとめると細菌は時間の経過で増えていく、栄養があることでさらに増加する、細菌が多いのは舌やその奥、そして粘膜等にも多くいる、そのようなことが口の臭いの原因になってくるので、その細菌を排除することが一番の方法になってきます。

 

口臭をいい匂いにさせるにはなぜフリスクなどではダメなの?

ドラックストアやコンビにで販売されているものはほとんど効かない 
ダメではないですけど、通常コンビニなどで販売されているフリスクなどのタブレットは、口臭改善のような成分が配合されていません

 

スッキリとか、爽快感をえるための成分です。ミント系の臭いがある添加物が使用されているので、どこかで口臭ケアのようにイメージが独り歩きしたような感じです。

 

それであれば、まだコンビニ等やドラックストア等で販売されている、口臭スプレーの方が一瞬ですが効果があります。

 

ただスプレーしても口に香水をするイメージで、口内の臭いをだしている菌自体は減らす事が出来ませんが、他の強い匂いを与える事でごまかす事が出来ます。

 

ですが、すぐに唾液でその成分が流れてしまうために効果が5分くらいしか持ちません

 

これは経験がある人は分かると思います。

 

いい匂いが口内に定着させる事ができないですが、まだフリスクなどから比べると効果がある事になります。

 

それらの理由を踏まえて、口内にいる菌を簡単に減らして口臭ケアができる素晴らしいものがあります。

 

約10分ぐらいで完全なる口臭対策ができる物です。これはもう口臭ケアを通り越して口臭改善に使用する本格的なケアグッズという事です。

 

しかも舐めるだけで対策が終わりますので、食後や気になるときに舐めれば、すぐに口内の菌が減っていき口臭が出てきません。

 

いい匂いと言うよりも無臭になってしまいます。

 

この口臭ケアアイテムの凄いところは、いい菌だけを殺菌する事が出来るようになっています。

 

口内には善玉と悪玉菌が入り混じっています。この悪玉菌だけに作用するという素晴らしい成分が使用されています。

 

口の中のトラブルを総合で解決させてしまうので口臭ケアで使用するには、少しもったいないような内容です。

 

どのようなものかオススメできるハミガキ粉と一緒に下記にまとめてみましたので後でも確認して下さい。

 

いい匂いを通り越して、常に清潔な口内を保つことが出来るようになります。

 

 

口臭を無臭にする

 

 

 

おすすめ

 

 

 

 

そのアイテム以外でで口臭をいい匂いにさせる方法はある?

 

基本的には上記のアイテムを使用することで、すべてを解決できると思いますが、それ以外に口をいい匂いにさせるには、今ある方法の最大限の活用方法です。

 

その一つが歯ブラシということになりますが、歯ブラシのしかた一つで細菌の減り方は変わってきます。

 

小さいときに正しい歯ブラシのしかたを習った人は多いと思いますが、それがいつの間にか忘れてしまっている人も多いのではないでしょうか。

 

力任せにゴシゴシと磨いてしまっている、歯の角度に合わせて歯ブラシを当てていない、面積を1つ1つ磨いていない、このようなことでも菌を増やしやすくさせます。

 

力任せにゴシゴシとしてしまうと、歯を1本1本しっかりと磨けていないことになるので、その分、菌が残ってしまうことになります。

 

また歯には色々な角度があるので、その角度に合わせて磨かないと、汚れを落とすには中途半端になってしまいます。

 

歯ブラシを使用して歯磨きをするときは、力を入れない、歯の角度の合わせて磨くようにする、さらに1本1本、または1面積1面積をしっかりと磨くように意識します。

 

これだけで相当の数の細菌を落とすことができますので、口臭を防ぐこともそうですが、歯周病や虫歯などの予防などにもなります。

 

そしてデンタルフロスという糸ようじを使用することで、さらに菌を排除することができます。

 

デンタルフロスはどこでも販売されているものなので、1つだけ持っていればそんなに何回も買う必要もないと思いますので、1つだけ揃えておくことをおすすめします。

 

そして舌にいる細菌を排除するには少しだけ注意が必要です。

 

舌にも先程話したように、口臭の原因になる細菌が多くいます。

 

上記のアイテムを使用することで必要はなくなりますが、もしブラシ等を使用したいということであれば毎日の使用は避けて下さい。

 

舌は粘膜というデリケートな膜で覆われているためです。

 

粘膜はほぼコラーゲン等で構成されていて、とてももろい存在でもあるので、ここにブラシを当ててしまうと、その粘膜にダメージを与えてしまうことになります。

 

粘膜の役割は、外部からの細菌を侵入させないための保護材のようなもので、これがなくなることで、余計に舌に細菌が付着するようになります。

 

舌ブラシ等を進めている人がいますが、それは自分がそのようなことになったことがない人の話しです。

 

また自分がそのようにしているわけでもないことが予測できます。

 

ある意味危険な事でもあります。

 

粘膜は目の中、鼻の中、消化器官、尿道や肛門などにも存在して、そのような粘膜が存在している場所は、本来はいじるような場所ではないということです。

 

また舌のその組織の中には白血球などの免疫も存在していることになります。

 

そのような免疫やその保護材を剥がしてしまうのが舌ブラシということです。

 

ただし舌の組織は、そのようなダメージがあったとしても再生力が強く、すぐに戻ろうとしますが、それが毎日のようにダメージを与えてしまった場合は、その再生が追い付かなくなることあります。

 

そうなると余計に舌に多くの細菌が溜まるようになってしまいます。

 

口をいい匂いにさせるのではなく、逆効果になる方法になります。

 

ただし中にはドライマウスといって、著しく唾液の分泌が減って、舌に多くの細菌が集まることで舌苔が多くなることもあります。

 

そのようなケースでは、毎日ではなくて月に多くても3回ぐらいを目安にケアするようにします。

 

ただし上記のアイテムでそのようなケアも必要がなくなってきます。

 

やむを得ない場合は、そのくらいの回数に決めてケアするようにします。

 

 

 口臭をいい匂いにさえるには咀嚼数も増やすと効果的

 

口臭をいい匂いにさせるには、咀嚼数を増やすことが効果的です。

 

多分、何も痛めてないで一番のケア効果になると思います。

 

今は噛めない食事が多くなってきたために、噛めない食事が多くなったせいで、咀嚼数が減ってきていることが分かっています。

 

噛む回数が減るということは、唾液の分泌減ることになります。

 

唾液には口腔内の細菌を減らすものが多く含まれていますが、これが減少することでも細菌を増やしてしまい、口臭を強くさせてしまうことになります。

 

女性は特にそうで、男性からくらべると、唾液腺が細いために、元から唾液の分泌量が少ない人が多くいます。

 

どちらにしても、噛まないことで唾液線が老化するようなイメージを持ってください。

 

必要としないところは筋肉でも何でもそうですが、衰えるようになってきます。

 

噛まないということは、それが蓄積されて、唾液の量が減ってくることになるので、食事のときにはよく噛むようにします。

 

1口に30回くらいを目安にして噛むことで、唾液の分泌を良くさせ、さらに消化に良くなるので、内臓への負担も減ることになります。

 

そして口臭は口腔内だけではなくて、体内から発生するものもあります。

 

体内というのは、胃腸内が機能低下して発生する口の臭い原因のことです。

 

ここが機能低下すると、食べた物が消化されずに異常発酵して悪臭が多く発生するようになり、それが体内を回って、呼気に含まれることがあります。

 

胃腸への負担は、ストレスや暴飲暴食なども関係してくることになりますが、噛まないことも機能を低下させる原因になってきます。

 

イメージとしては、口の中で消化を終わらせるようなイメージです。

 

口の中で食べ物をよく噛み砕くことで、胃腸を働かせなくても良くなりますので、その分、休ませることができます。

 

人間も多く働くことで疲れを感じてしまいますが、内臓も同じように使用しすぎると疲れを感じるようになります。

 

アルコールなどもそうですが、内臓が疲労を感じると口臭の原因となるものが多く発生するようになるので、ここにも注意が必要です。

 

口をいい匂いにさせるためには、たくさんの方法がありますが、そのようなことにも注意して対策してみて下さい。

 

基本的な考えは、マイナスになるような要素を減らすということです。

 

そうすることで、口腔内の環境は徐々に良くなってきます!

 

また口呼吸などにも注意するようにします。

 

口呼吸というのは、口で呼吸をすることをいいますが、唾液をすぐに蒸発させてしまい、これも口腔内の細菌を増やしてしまうことになります。

 

口呼吸の対策については、毎日の意識的な練習です。

 

鼻で呼吸をすることを1日に20回を目安に練習してみて下さい。

 

呼吸というのは、無意識で行われているので、練習しないと意識するだけでは元に戻りません。

 

毎日鼻で呼吸をすることを継続的に練習をすることで鼻呼吸に戻りやすくなります。

 

子供にも多い口呼吸ですが、そのようなことを繰り返すことで改善も早くなってきます。

 

「スポンサードリンク」


関連ページ

口の中が変な味がする原因は味覚障害?男性に多い口のトラブル
口の中が変な味がする原因は味覚障害?男性に多い口のトラブルについてです。口の中が変な味がする原因に味覚障害となる場合もありますが、それ以外のケースで舌の汚れやハミガキ粉に使用されている添加物にも原因があります。具体的な原因と改善方法をお伝えします。
口のねばつきを解消させた男性が教えるとっておきの方法
口のねばつきを解消させた男性が教えるとっておきの方法についてです。口のネバつきは菌がだす物質にあります。それ以外ではストレスなどで唾液自体がねばつきを起こすことがあります。これらの原因に対してどのように早い段階で解消させるかについてお伝えしています。
口の中が渇くのを対策する!男性にも多い原因と解決方法
口の中が渇くのを対策する!男性にも多い原因と解決方法についてです。口が乾燥するのは高齢と中年では原因が分かれます。女性に多い症状ですが、男性も増加傾向にあります。治療法が確率されていない病気ですがどのような理由で口が乾燥するのか話しながらとっておきの解決法までをお伝えします。
口の中が渇く口臭を解消させる方法!男性の悩みと原因について
口の中が渇く口臭を解消させる方法!男性の悩みと原因についてです。口の中が渇いて口臭がでるのは口内にいる菌がだす臭気成分によるものです。唾液には殺菌作用がありますが、これがなくなる事で口臭になります。どのように解消すればいいのか口臭の原因と一緒にお伝えしています。
時間が絶つと口が渇く!男性に多い口の中のトラブル解消法
時間が絶つと口が渇く!男性に多い口の中のトラブル解消法についてです。口が渇くのは自律神経と加齢が大きく影響を与えます。唾液の分泌を促しているのが自律神経だからです。この神経のバランスがどこかで崩れたか、加齢によりその機能が低下したかによります。どのように解決させるかお伝えします。
歯周病ジンジバリス菌と除去!男性の口中のトラブルを解決
歯周病ジンジバリス菌と除去!男性の口中のトラブルを解決。ポルフィノモナス・ジンジバリスは歯周病菌の1種になります。歯周病菌の代表的な菌でほとんどの方が保有してい菌にもなります。ジンジバリス菌の特徴と除去させる方法をお伝えしています。
舌の汚れを落とす方法について!男性の口の中のトラブル回避
舌の汚れを落とす方法について!男性の口の中のトラブル回避についてです。舌に傷をつけず舌の汚れを落とす方法について記載しています。舌はとても敏感なので器具などを使用すると簡単に傷がついてしまいます。どのような方法が1番安全なのか劇的に取る方法と一緒にお伝えします。
ビフィズス菌で口臭がなぜ解消できる?男性も驚きの効果とは
ビフィズス菌で口臭がなぜ解消できる?男性も驚きの効果とは。口の中には善玉菌、悪玉菌、日和見菌といます。トラブルを起こすのが悪玉でそれを抑えているのが善玉菌と言われるビフィズス菌です。この菌を増やす事よって口臭が解消できます。どのような事なのかおつたえしています。
ラクトフェリンで舌苔が取れる!口の中の男性の口臭もこれで完璧
ラクトフェリンで舌苔が取れる!口の中の男性の口臭はこれで完璧。舌苔が舌ブラシを使用しても取れないとか汚れを浮かすものでも取れないなどの声が多く、その理由を記載してます。その舌苔にラクトフェリンがなぜいとも簡単に取れるのかお伝えしています。
歯周病菌はラクトフェリンで除去!男性も納得する効果について
歯周病菌はラクトフェリンで除去!男性も納得する効果について。ラクトフェリンは人間が持っている抗菌物質ですが、食中毒などでも高い効果を見せる一方で歯周病菌にもとても効果がある事が分かります。どのような効果で歯周病菌を除去できるのかお伝えします。
舌の臭いが取れない男性の悩みを早期に解決させるには
舌の臭いが取れない男性の悩みを早期に解決させるには。舌の臭いがどうやっても取れないという男性が多いのですが取れないのには理由があります。間違った舌のケアが大きな要因にもなりかすが改善させることは可能です。どのような方法で早期に解消できるのかお伝えします。
ビフィズス菌で口臭が防げる!男性の口の中の臭いを防ぐ効果
ビフィズス菌で口臭が防げる!男性の口の中の臭いを防ぐ効果。口内には悪玉、善玉日和見菌と腸内環境と同じようなバランスで成り立っています。そのバランスを崩すと口臭などに発展します。その臭いにビフィズス菌で高い効果を示しますが、どのような効果かお伝えします。
唾液が臭い!改善策は口の中の菌を減らすことができれば解消
唾液が臭い!その原因と改善策について。口の中の細菌をは悪玉菌という細菌がいるために誰でも唾液が臭い状態になりますが強烈な臭いがするのは口内にその細菌が多くいることになります。口内細菌を減らすために改善できる唾液ケアの商品も紹介しますので参考に。
口が臭いと言われた!あせらず臭いを改善させるには
口が臭いと言われた!あせらず臭いを改善させるには!正直臭いがある事をいわれると相当ショックな事ですがあせらず悪臭を解決する方法を記載しています。口臭は口内か体内のどちらかしか発生しません。その臭いに対してどのように解決したらいいのかお伝えします。
口の臭いが生臭い臭いがする!男性の口臭を改善するには
口の臭いが生臭い臭いがする!男性の口臭を改善するには。口の臭いが生臭いのは口内にいる細菌が発生させるガスによるものです。口の中には細菌数がとても多く主に3種類のガスを発生させています。そのうちの1つが生臭い臭いをだしますが、どのように改善すればいいのかお伝えします。
口がネバネバする理由は細菌と唾液!男性の口の中の原因を解決
口がネバネバする理由は細菌と唾液!男性の口の中の原因を解決。口が粘つくのは口内の悪玉菌が増えることで粘つく物質をだします。そのため口がイヤな感じになりますが、その細菌を除去することで解決ができる事になります。ネバネバする理由と早期の解決アイテムを紹介します。
口の粘つきを解消できる商品で男性におすすめのものを紹介
口の粘つきを解消できる商品で男性におすすめのものを紹介。何かねばつきを解消させる商品でオススメのものはないの?との事で紹介しています。口のネバネバはタンパク質の減少と菌の影響によるものが大きな原因です。詳しく記載しているので参考にして下さい。
お茶の飲み過ぎは口の中を乾燥させ口臭を強くさせる?
お茶の飲み過ぎは口の中を乾燥させ口臭を強くさせる?お茶は健康に良いのですが、口の臭いが気になる人は少しだけ注意が必要です。中にカフェインというものが自律神経に作用して口を乾燥させ臭い菌を増やしてしまうことになるからです。どのようなことか参考にして下さい。

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 20代の口臭と体臭 30代の口臭と体臭 口臭サプリ 体臭サプリ