口臭ケアのタブレット!オーラルヘルスの特徴と効果

口臭ケアタブレットのオーラルヘルスの特徴と凄さについて

口臭ケアタブレットのオーラルヘルスの特徴と効果 
口臭ケアタブレットのオーラルヘルスとういタブレットの特徴についてです。

 

オーラルヘルスとういうと有名な大手のライオンとうメーカーさんがだしているタブレットになります。

 

歯磨き、洗剤、石鹸、医薬品、化学品と多数にわたって商品を取り扱いをしていて、普通の企業のメーカーということでここから直接、物を買うことができません。

 

ドラックストアやスーパーなどの二次店というよりも、通販での二次店でこの商品を購入できることになります。

 

歴史も古く明治24年(1891年)に開設された会社で、当時は石鹸の販売から始まった会社です。

 

その後、歯磨き粉や洗剤と幅を広げて現在に至るような感じです。

 

今では生活の中でライオンさんの商品が浸透しているような感じでしょうか。

 

そのメーカーさんから販売されているのがオーラルヘルスというタブレットです。

 

どのような商品か特徴を参考にして下さい。

 

 

口臭ケアタブレット!オーラルヘルスの特徴は乳酸菌の使用!

口臭ケアタブレットオーラルヘルスの特徴は乳酸菌 
このオーラルヘルスとうタブレットの特徴は乳酸菌の使用です。

 

乳酸菌というとたくさんの種類がありまますけど、L8020という乳酸菌を使用しているのが特徴です。

 

そこで不思議というか、気になるのが乳酸菌と口臭の関係です。

 

一見するとあまり関係ないように思えますが実は関係が深いことが分かります。

 

乳酸菌というとヨーグルトなどで良く聞くと思いますが、口に中でもこの乳酸菌は口臭を抑えるのに役立つことになります。

 

口には歯を溶かす菌、この菌は虫歯菌ということでほとんどの人が知っていると思います。

 

またはミュースタンス菌ともいいます。

 

それ以外にハグキなどもダメにする菌、歯周病菌も良くご存知の人も多いと思いいます。

 

このように口には菌によって働きや特徴が違うことが分かります。

 

虫歯菌は歯周病菌のような働きもしませんし、逆に歯周病菌は虫歯のようは働きをしません。

 

というよりもできません。

 

口臭ケアには乳酸菌が役立つ 
これらの菌は口臭の原因になることもありますが、ほとんどのケースはこれらの菌が口の中に多くて悪臭を放つのではなく、別な悪臭を放つ菌が口の中にいることになります。

 

その菌が悪玉菌とう菌になります。

 

口には腸内細菌と同じく善玉菌、日和見菌、そして悪玉菌といることになります。

 

この3つの菌で口の中のバランスが保たれています。

 

虫歯菌や歯周病菌というのは日和見菌のことで、悪臭を放つのが悪玉菌とうことになります。

 

口から口臭が発生するとうことは悪玉菌が何らかの原因で口に多いことで、口臭が発生することになります。

 

これは虫歯についても歯周病についても同じことです。

 

何かが原因になって口にそのようなが多くなって虫歯や歯周病になることになります。
口の臭いも同じとういことです。

 

口の臭いは口腔内が臭いの原因になることもありますが、体内から発生するような口臭もあります。

 

口腔内の原因では悪玉菌、この菌が臭いの原因になっているとうことです。

 

そのような悪さをする菌を減少させるために善玉菌と唾液がその菌を調整していますが、その力が弱くなることで口腔内は荒れていきます。

 

そのようなことから虫歯、歯周病、舌の汚れ、口臭などの原因になってきますので、善玉菌を活性化させることができると、悪さをする菌を抑えつけることができます。

 

善玉菌を活性化させるには腸内も同じく乳酸菌やビフィズス菌です。

 

オーラルヘルスになぜ乳酸菌が配合されているのがイメージがつくと思います。

 

 

口臭ケアタブレット!オーラルヘルスの効果は善玉菌の増加!

口臭ケアタブレットオーラルヘルスは増加する臭い菌を抑えることができる 
先ほど話しの内容で何となくでもイメージできるように、このタブレットは直接的に口の臭いの原因になる悪臭菌を減らすのではなく、口に元からいる善玉菌を増やして口のトラブルを避けようとさせるタブレットになります。

 

乳酸菌をとったからといってすぐに悪さをする菌が減少するわけではありません。

 

時間がかかりますが、口腔内の菌のバランスを取り戻すには効果のあるタブレットになります。

 

口の菌のバランスが崩れるのは腸内細菌と同じことです。

 

口の中に何か薬品的な歯磨き粉や薬等を使用することで簡単にバランスが崩れることになります。

 

その薬品などの影響に弱いのが善玉菌です。

 

臭いを発生させる悪玉菌などは、歯磨き粉やマウスウオッシュのような薬品に負けたとしても耐性を持つことができる強い菌です。

 

一度何かに負けても、次はそれに耐えられる菌に変えることができるのが悪玉菌の特徴です。

 

このような菌を耐性菌と呼びますが、一度耐性を持つとその薬などは二度と効かなくなります。

 

そのようなことで菌が強化されて口の中で優勢になり、トラブルを多く作るようになります。

 

これは病原菌も同じことなので、便利な抗生物質のような薬を乱用しない病院がほとんどです。

 

一時的なことだと分かっているためです。

 

悪い菌に限って性質を変えることができるようになっていて、薬に負けない新しい遺伝子、設計図を変えることで子孫を残そうとします。

 

身近なものでは毎年流行るインフルエンザも同じです。

 

抗生物質のペニシリンなどが効かなくなってきて問題になっています。

 

菌が形をかえると、その度に新しい薬が必要になってきます。

 

そのようなことがないように口にいる善玉菌が活性化することで、対策に役立つことになります。

 

そのための乳酸菌になります。

 

 

ランキング

「スポンサードリンク」


関連ページ

口臭ケアができるタブレットの種類と選び方について!
口臭ケアができるタブレットの種類と選び方についてです。タブレットで口に入れるものは大きく2種類に分けることができます。香りを与えるもの、そして菌に作用するものと2種類です。どのような種類があってどのような効果があるのかその種類や特徴についてお伝えしています。
口臭ケアタブレット!オーラバリアの特徴とは?
口臭ケアタブレット!オーラバリアの特徴とは?についてでうす。この口臭ケアタブレットは森永乳業さが販売しているタブレットで通販限定の商品になります。どのような特徴や効果があるのか市販のものと比べて比較などもしていますので参考にして下さい。
口臭ケアのタブレット!オーラルデントの特徴とは
口臭ケアのタブレットでオーラルデントの特徴とは?についてです。口臭ケアタブレットでは3本の指に入るであろうというタブレットですが、どのような効果や特徴があるのか気になる人もいると思います。中身を知ることで自分に合うかどうかが判断ができます。

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 20代の口臭と体臭 30代の口臭と体臭 口臭サプリ 体臭サプリ